ショパールの結婚指輪の特徴とは?価格帯や口コミもチェック

高級時計と高級宝飾品を扱うブランドとして世界的にも有名なショパール。同社の作り出すこだわりの製品の数々は、海外セレブ達にも愛されています。この記事ではショパールの歴史からその魅力を紐解くと同時に、ショパールが取り扱う結婚指輪の種類や価格帯、口コミ評価について解説します。

ショパールの歴史と特徴

ショパールの歴史は古く、1800年代までさかのぼります。ショパールは1860年、スイスの小さな村に住む若い時計職人の手によって創設されました。その青年の名は、ルイ・ユリス・ショパール。当時24歳だった彼の作り出す時計のデザインは斬新で、彼の腕前に対する高い評判はスイス国内だけにとどまらず、世界各地に販路を広げていくことになりました。その後3代に渡って会社はルイの子孫に受け継がれていきますが、1960年代には経営が悪化します。ちょうどその当時、ドイツで時計や宝飾品を扱うエスツェハ社は、さらなる事業の拡大を狙い、企業の買収計画を立てていました。経営悪化で苦しむショパール社と、事業の拡大を狙うエスツェハ社。この2社の偶然の出会いにより、新生ショパールは誕生します。

ショパール家に代々受け継がれてきた繊細で斬新な時計作りの技術は、結婚指輪などの宝飾品にも受け継がれています。カンヌ国際映画祭のオフィシャルパートナーとしても知られるショパールは同映画祭における最優秀作品賞(パルムドール)のトロフィ製作を手掛けると共に、彼らの作り出す高級で煌びやかな宝飾品はレッドカーペットを歩く女優達を美しく彩ってきました。ダイヤモンドなど扱う素材にとことんこだわり抜き、たくさんの職人たちの手を経て作られる時計や宝飾品の数々は、ハリウッドセレブ達のみならず、世界中の女性たちから愛され続けています。

ショパールの結婚指輪のラインナップ

ショパールの結婚指輪は、「アイスキューブ」「ショパールディッシモ」「タイムレス」の3種類です。

中でも人気の高くおすすめモデルなのが「アイスキューブ」です。その名の通り、アイス(氷)のキューブ(立方体)がリング状に連なったような形状は、スタイリッシュでオシャレな雰囲気を醸し出しています。ボリューム感があってラグジュアリーなアイスキューブは、他の一般的な結婚指輪とは一線を画す斬新なデザインです。プラチナやホワイトゴールド、ローズゴールドなどをベースに、贅沢にダイヤモンドをあしらったデザインもあります。

「タイムレス」は、「結婚指輪の王道」とも言えるシンプルなデザインの結婚指輪です。結婚指輪は、結婚してから末永く身に付けるもの。そのためにも飽きの来ない、流行にも左右されないシンプルなデザインが理想とされます。プラチナや18Kホワイトゴールドなどをベースにしたシンプルなデザインは、年齢やシーンを問わず、いつでも身に付けることができます。

「ショパールディッシモ」は、リングの表面にショパールの流れるようなロゴが大胆に刻印された、特徴的な結婚指輪です。丸みがあって太めのフォルムは高級感に満ちています。

ショパールの結婚指輪の価格帯や口コミ

ショパールの結婚指輪は、18Kのゴールドからダイヤモンドを贅沢にあしらったものまであり、価格帯は9万円台から190万円台までと幅広い商品ラインナップになっています(2021年5月現在)。台座のダイヤモンドは定番のラウンドカットだけでなく、セミオーダーでハート形などを選択することができ、オーダーの仕方によっても価格は変動します。

実際にショパールの結婚指輪を購入した方々の口コミには、「他にはない独創的なデザインに惹かれた」「アイスキューブは個性的なデザインで周囲と被りにくい」「ショパールは世界的に有名なブランドなので恥ずかしくない」など、高評価の意見が多くありました。

結婚指輪に独創的なデザインを求めるならショパールがおすすめ!

結婚指輪は永く身に付けるためにシンプルなデザインが好まれますが、それだけ周囲と被りがち。ショパールではシンプルなデザインの結婚指輪だけでなく、「アイスキューブ」のような独創的でスタイリッシュな指輪も扱っており、周りと「差別化」できるというメリットがあるのでおすすめです。

結婚指輪は憧れのカルティエで決まり!

結婚指輪のブランドとして定番とも言えるカルティエ。どうしてそんなにたくさんの花嫁を魅了し続けるのか、気になる方も多いことでしょう。今回は、その秘密を探っていきます。これから結婚指輪を探そうとしている人は、参考にしてみてください。

カルティエの歴史

カルティエの歴史は、フランスにあるヌーヴ・デ・プティ・シャン通りからスタートします。1847年に、ルイ=フランソワ・カルティエがお店を構えたのです。最初の頃は貴族など身分の高い人々の心を掴み、上流社会を中心にその名を広めていきました。そして、次第にパリの中心的な存在として成長していきます。その後、ナポレオン3世の皇后の目に留まり、オーダーが入ったことでカルティエは大きな転換期を迎えます。宮殿御用達となったことで確固たる地位を築き、世界中から愛されるブランドとなりました。

1900年以降、アールデコ・スタイルや腕時計、バケットカットのダイヤモンドなどカルティエは世界の先駆けとなるものを数多く創出し、トレンド発信ブランドとしても注目されるようになりました。この頃、カルティエを支えていたのは創業者の孫であるルイ・カルティエでした。英国王エドワード7世は、亡くなる際に「宝石商の王であるがゆえに、王の宝石商」という言葉を遺したとされています。カルティエの存在が、それだけ大きかったということでしょう。さらに、諸国の王侯貴族からだけでなく、実業家やハリウッドスターなど、多くの著名人から愛されるブランドとしてもその地位を確立していきました。

カルティエの結婚指輪が持つ特徴

カルティエは、その長い歴史の中で育んできた伝統だけでなく、革新的なものも大切にしているブランドです。細かい部分のデザインやダイヤモンドのカットなど、隅々にその精神が反映されており、カルティエの結婚指輪からはモダンで洗練された雰囲気を感じ取ることができるでしょう。また、さりげなく個性的な部分も残しており、その繊細な雰囲気も特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

カルティエの特徴として、その充実したアフターサービスも忘れてはいけません。洗浄や艶出しなどのクリーニングサービスは無料で対応しています。サイズ調整や文字彫りなどのサービスについては、有償で行っているようです。カルティエのジュエリー技術者が丁寧に検査をした上で作業を行っていくため、安心して任せることができるでしょう。結婚指輪は日常的に使うケースが多く、光沢がなくなったり、細かいキズが付いたりして次第に最初の頃の輝きを失ってしまいやすいもの。しっかりしたアフターサービスをしているブランドを選ぶことで、長い間手元を美しい状態に保つことができるのです。

結婚指輪モデルのおすすめ

結婚指輪としてのおすすめモデルと言えば、ラブリングが挙げられるでしょう。1970年代に誕生して以来、多くの人々から愛されている指輪です。ビスのモチーフが特徴となっており、永遠の愛の証を表現した指輪でもあるため、これから一緒に新しい日々を築いていく二人にとっておすすめの指輪と言えるでしょう。デザインがとても洗練されており、モダンな雰囲気も兼ね備えているため、手元をおしゃれに仕上げてくれます。

ラブリングの色には、ピンクゴールド、プラチナ、イエローゴールド、そしてホワイトゴールドの4種類があります。自分の肌の色に合わせて、一番最適なものを選べることも、おすすめできる理由のひとつでしょう。また、素材や色によって価格は変わってくるため、予算に応じて選ぶことも可能です。さらに、このラブリングはデザインの種類も豊富で、ビスのモチーフが特徴となっている王道デザインのものだけでなく、ダイヤモンドがあしらわれているデザインのものもあります。ダイヤモンドの数や粒の大きさなどもデザインによって様々なので、豊富なラインナップの中から自分好みのものを探すことができるでしょう。価格帯は、128,700円程度から858,000円程の間となっており、デザインや仕様によって異なってきます。

一度試してみては

世界中に多くのファンを持つカルティエの結婚指輪。ハイブランドのため、予算面で心配という人もいるかもしれませんが、実は幅広い価格帯を持っているため、予算に応じて選ぶことが可能です。もし気になっているのであれば、一度お店で試してみてはいかがでしょうか。

ブルガリの結婚指輪について

愛を誓う結婚式において、結婚指輪は大切なアイテムです。一生使い続ける結婚指輪は、やはりこだわりのブランドを購入したいものです。ブルガリは、長い歴史を持ち愛用者も多いです。ここでは、ブルガリの歴史から特徴、おすすめモデルについて解説します。

ブルガリの歴史について

ジュエリーブランドのなかでも長い歴史を持つブルガリは、1884年にイタリアで誕生しました。創業者であるソリティオ・ブルガリは、ギリシャの銀細工師一族の元に生まれました。その繊細かつ大胆なデザインは、瞬く間に多くの人を魅了してきました。ブルガリの結婚指輪の特徴は、伝統や格式を重んじながらも、時代の流れを意識した優美なフォルムです。古代ローマやギリシャの遺跡や建造物によるインスピレーションと、最先端の流行が見事に融合して、流行に流されることのない、独特なデザインを生み出しています。ブルガリの結婚指輪は、まさに唯一無二の存在なのです。

ブルガリの結婚指輪のおすすめモデル

“歴史あるブルガリの結婚指輪のおすすめモデルについて解説します。その特徴や価格帯から、理想のモデルを選びましょう。

グリフ

シンプルな結婚指輪が希望なら、グリフがおすすめです。クラシカルで繊細なデザインは飽きることなく、細身なので仕事や家事の邪魔にもなりません。華やかなリングも素敵ですが、そっと指先を飾る控えめなタイプがいいという人には、まさにピッタリなデザインです。価格は、デザインによって違いはありますが、ラウンドブリリアントカットの台座に、パヴェダイアモンドを配置したタイプだと、約50万円前後です。

マリーミー

大きめの1粒ダイアモンドが特徴的なマリーミーは、イタリアの伝統的なデザインをそのままに、大胆で滑らかなシルエットを描いていることが特徴的です。プレーンなアームに、さりげなく耀くダイアモンドはスーツ姿にもよく映えるので、男性からの人気も高いです。価格は約20万円ほどで、幅広い年代から好かれています。

フェディ

柔らかな曲線のリングを探しているときに最適なのがフェディです。シンプルなデザインというだけではなく、その曲線は大変柔らかくて優美です。大きな装飾がないぶん、指先を使うときにも邪魔には感じません。普段着やカジュアルフォーマルな装いにも似合いますし、シーンを選びません。仕事中や外出中にも結婚指輪を身につけていたいという人にはおすすめモデルです。価格帯は、約14万円から20万円前後と幅広く、あらゆる年代に人気があります。

ブルガリの結婚指輪の選び方

数ある人気モデルのなかから、自分に合ったタイプを選ぶのはかなり難しいでしょう。おすすめモデルだからといって、必ずしも気にいるとは限りません。大切なのは、それぞれの特徴を認識し、使い勝手がいいかどうかを検討することです。結婚指輪というのは、単なるファッション感覚で身につけるものではありません。愛する人と永遠の愛を誓った証なのです。外出するときや、出勤の際にも身につけていたいという人もいるでしょう。

そんなときに、装飾が派手だったりリングの幅が太かったら、生活をする上で邪魔に感じてしまいます。選ぶときには、デザインや価格帯の前に、まずは指にしっかりと馴染むかどうかを確認してみましょう。ブルガリの結婚指輪は、長い歴史のなかで築いてきた信頼性と、シンプルかつ魅力的なデザインで知られています。また、価格帯も幅広いのであらゆる世代の男女に選ばれやすいでしょう。結婚指輪を選ぶときには、まずは試着してみて、そのフィット感を堪能してみるようにしましょう。

ブルガリの結婚指輪で永遠の愛を誓う

イタリアのハイブランドであるブルガリは、これまで伝統を守りながら最先端のデザインも取り入れてきました。おすすめ人気モデルも多数あり、シンプルでクラシカルなものから、曲線が美しいものまで様々です。価格帯も幅広いので、購入しやすいものも多数あります。日常生活を共に送るため、選ぶときには指にフィットするかどうかについて確認しておくといいでしょう。

永遠の愛を誓うティファニーの結婚指輪

結婚指輪を作っているジュエリーメーカーは世界中にありますが、女性の憧れと言えばティファニーです。ダイヤモンドが特徴のメーカーですが、ティファニーの始まりから人気の秘密、商品の価格帯などを見ていきましょう。

ウエディングバンドリング

ティファニーの歴史は1837年にニューヨークで始まり、アメリカを代表するジュエリーメーカーとなりました。世界5大ジュエラーの一つに数えられ、ダイヤモンドの装飾においては世界一と言ってもいいほどの人気で、キング・オブ・ダイヤモンドと呼ばれています。ティファニーでは結婚指輪をウエディングバンドリングと呼んでいます。揺るぎない情熱により装飾されたその輝きは、キング・オブ・ダイヤモンドの名前にふさわしい美しさです。ティファニーリングの特徴と言えばティファニーセッティングです。それ以前はダイヤモンドの上半分しか見れないデザインで、下側からは光は入ってきませんでした。ダイヤモンドを6本の爪で支えることでどの方向からも光が入り、最も美しく輝きます。今では他のジュエリーメーカーもティファニーセッティングを取り入れていて、事実上の世界標準となっています。

1845年に初めて発行されたカタログの表紙の色がティファニーブルーで、それ以来ティファニーを表す色として定着しています。美しい青色を有するこまどりの卵をモチーフとしたティファニーブルーのボックスに純白のリボンが掛けられたケースは、ティファニーのリングを表す代名詞です。その色に憧れて結婚式のテーマカラーをティファニーブルーにする人もいるほどです。

ティファニーの価格

ティファニーリングの値段は他のメーカーに比べて高めです。石のないプラチナやピンクゴールドストレートリングで10万円から15万円、ダイヤをあしらったリングですと、15万円以上します。複数のダイヤをあしらったデザインですと30万円以上になりますし、60万円超えるリングも多数あります。ティファニーのウエディングバンドリングはほとんどがダイヤモンドですので値段の高いリングが多くありますが、人気の価格帯は20万円から30万円のプラチナリングです。

人気のデザイン

ティファニーのおすすめモデルを人気順に見ていきましょう。ティファニーリングのデザインで一番人気があるのは最もティファニーらしいとも言われるルシダです。柔らかな筆記体の刻印リングで、刻印のみですと15万円、ダイヤモンドをあしらったものは20万ほどの値段です。2番めに人気なのはエルサです。なめらかな曲線のリングにブリリアントカットダイヤモンドをあしらったデザインで、ウエディングバンドリングの値段は20万円位からになります。3番めはミルトグレインです。プラチナとローズゴールドの組み合わせが細かい装飾に縁取られたリングで、10万円位から購入できます。

4番めは中央に向かってリボンのように重なり合うデザインが特徴的なハーモニーです。こちらは低価格のものからブリリアントカットダイヤモンドを複数あしらった30万円以上するものまであります。5番目はゴシック体のローマ数字が力強く刻印されたアトラスです。オープンタイプやワイドタイプなどバリエーションが豊富で、材質もシルバー、ホワイトゴールド、ローズゴールドなど何種類もあります。あしらわれたダイヤの個数によっては60万円を超えるものもあります。6位はビゼットです。大粒で高品質なイエローダイヤモンドを手作業でカットしたリングで、値段はダイヤモンドの状態や在庫状況によって変わってきます。

最高品質のダイヤモンド

ダイヤモンドの品質基準は4Cといわれます。カット、カラー、カラット、クラリティのことですが、ティファニーのダイヤモンドは全てにおいて最高品質です。値段は高めですが他のジュエリーメーカーを圧倒するそのクオリティは、身につける人を満足させてくれるはずです。